薄毛が気になる前兆とその対策「薄毛になる7つの前兆」

ある日鏡を見ていると、「あれ?髪の毛減った?」と気がついてしまうことがあります。

実は気が付かないうちに、徐々に薄毛は進行していたのです。

薄毛が深刻化する前に早めに対処することで、今まで通りのハリやコシのある髪に戻ることも可能なのです。

この記事では、女性の薄毛の原因と対策法をまとめました。

薄毛になる前兆に気が付き、早めの対処法を実践しましょう。

薄毛の前兆とその見分け方

薄毛は男性の悩みなんじゃないんですか?

やみ子

Dr.もえぎ

いいえ、最近は特に、薄毛に悩む女性が増加しています。

仕事に家事にと忙しく、ストレスを抱えている女性が増えたことも理由の一つにあるかもしれません。

「髪は女性の命」と言われていましたが、今でも若々しく見せるためには髪のボリュームは大切です。

しかし、気づいたら頭頂部が薄毛になっていた、そんなケースは珍しくありません。

女性の社会進出が増え、多忙な毎日を送る間に、頭髪ケアにまで気が回らないのが現状です。

薄毛になるサインを早めに見極め、対策をしていきましょう!

薄毛の前兆はこんな症状

髪が薄くなったと感じる毛量は人それぞれですが、共通する前兆があります。

1.髪の毛のボリュームがなくなった

髪をセットしているときや、鏡をまじまじと見たときに、こんな状態を感じませんか?

  • 以前と髪の長さは同じなのに、セットする際に髪の毛がやけに寝やすくなった
  • 髪がペタンとしてセットしづらくなった
  • 髪を束ねたときの太さが細く感じた

このような現象があったら、髪の毛のボリュームが減っている証拠です。

2.抜け毛が増えた

抜け毛が多いと、当然薄毛に直結します。

頭髪・頭皮が健康状態にある方の抜け毛は1日100本程度と言われています。

しかし薄毛になりつつある方の抜け毛は1日に200本〜300本程度にもなります。これには個人差がありますが、1日に200本以上の抜け毛がある場合は危険サイン。

ポイントはシャンプー後の排水溝の目皿に残った本数を毎日チェックすることです。数を数えるのは難しいですが、まとめてゴミ箱に捨てるときなどに大体の量を覚えておくと、次第に増えてきた?などと感じられると思います。

「なんとなく最近抜け毛が増えたな」と感じた方は、洗髪後の抜け毛の量を確認してみましょう。

3.髪の毛が細くなった

健康な髪の毛は太く、毛穴から抜けにくい状態にあります。

しかし不健康な髪の毛は痩せ細り、毛穴から抜けやすくなります。

髪の毛の細さは、髪のボリューム減少にもつながります。

「髪のボリュームが減った」と感じている場合は、髪の毛の太さをチェックしてみてください。

特に抜けた毛をチェックしてみて、細い毛が多い場合には、毛根が弱ってしまい、毛が痩せてきている可能性があります。

4.抜け毛の毛根が黒い

抜け毛の毛根をチェックしてみると、健康な髪の毛の毛根は毛根鞘(もうこんしょう)という半透明のもので覆われています。

しかし、薄毛になりつつある方の髪の根元にはこの毛根鞘が存在せず黒いままになります。

そういえば最近抜け毛の毛根が白くないな…そう感じたら薄毛対策をおすすめします。

5.頭皮が硬い

頭皮が硬くなる現象も薄毛の前兆といえます。

血行がよく健康的な頭皮はさわると前後左右に動き、柔らかいもの。

しかし頭皮の血行が悪くなると、頭皮が硬くなり、髪が痩せ細り抜け毛の原因となります。

昔に比べ頭皮が硬くなったと感じる方は、頭皮マッサージなどで血行不良を改善するなど、早めの対策が必要です。

前兆を見逃さないようにするために

上記で紹介した薄毛の前兆に少しでも該当する項目があった方は、頭皮や抜け毛などに常に意識を払いましょう。

また他人から「髪が薄くなった」、「ボリュームが無くなった」、という指摘を少しでも受けた場合には、気のせいにせずに昔の写真と比較するなどして、早めの薄毛対策を取りましょう。

Dr.もえぎ

次は薄毛になる原因を探ります。生活習慣で薄毛になる場合も多いのが女性の特徴ですよ!

女性が薄毛になる7つの原因とは

女性が薄毛になる7つの原因

続いて、女性の薄毛の原因を調べておきましょう。

女性の薄毛や抜け毛には、男性とは違った原因もあるのです。

1.遺伝

薄毛の原因は大多数が遺伝から来るものです。両親のどちらかが薄毛だった場合、ご本人にもその兆候が遺伝することがよくあります。

2.女性ホルモンの変化

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は、女性の髪の生成や健全な状態に保つ作用を持っていますが、何らかの原因で女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンの分泌量が減ってしまい、薄毛の原因となります。

ホルモンバランスが崩れる原因としては、

  • 生理前後
  • 妊娠出産後
  • 更年期
  • ピルの服用
などが挙げられます。

さらに、女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減少するので、加齢も薄毛の原因のひとつとなります。

3.ストレス

最近ではストレスや生活習慣からくる薄毛も増えてきています。

現代では女性が社会に出て働くことが当たり前となりました。

しかし、仕事で忙しくしていると生活のリズムが乱れたり、ストレスも溜まりがちになります。

不健康な生活になりやすい状態になり、結果的に薄毛につながるパターンも珍しくありません。

4.ダイエットなどによる栄養不足

食事からとる栄養素が髪の毛に行き渡るのは、実は一番最後なんです。

人間は食物などから栄養素を摂取し、生きるエネルギーに変換したり、体の機能を正常に動かしたりする成分として使用します。

ところが、無理なダイエットなどで栄養素を減らしてしまうと、摂取した栄養素が髪の毛の生成に使う前になくなってしまい、髪の生成がストップしてしまうのです。

また、女性の髪の毛が栄養不足になる原因にはダイエットのほかにも、赤ちゃんへの母乳をあげる際に栄養素を多く使うことでも起きる場合があります。

産後の授乳期のお母さんが抜け毛に悩む原因は、この理由からなのです。

5.冷え性や貧血などによる血行不良

冷え性や貧血、また頭皮が固くなったりすることで血行不良が生じてしまうと、血管を通じて髪の毛まで栄養が送られにくくなってしまいます。

そのため、栄養素が不足した髪の毛は生成が止まってしまい、薄毛の原因のひとつになります。

6.髪に負担をかける

特に女性に多い理由の1つとして、髪の毛に物理的な負担をかけ続けることがあります。

ポニーテールやお団子といった髪の毛を引っ張るヘアスタイルを多用したり、エクステやウィッグの頻繁な使用、カラーリングやパーマの施術を繰り返すなどです。

髪の毛を引っ張るヘアスタイルやエクステ、ウィッグは頭皮に負担をかけ続けているので、いずれは髪が頭皮から抜けてしまいます。

また、パーマやカラーで使うカラーリング剤やパーマ剤は直接頭皮にも塗られるため、頭皮に負担をかけてしまいます。

頻繁に繰り返していると炎症やかゆみ、脱毛などを引き起こしてしまい、薄毛の原因になってしまうことがあります。

それ以外にも、ずっと髪の毛の分け目を同じにしていると、分け目の部分に負荷をかけているため、これも同じく髪が抜けやすくなってしまいます。

7.紫外線のダメージ

肌が紫外線で日焼けするように、髪の毛や頭皮も紫外線でダメージを受けます。これを光老化といいます。

紫外線で毛根や毛母細胞が傷つけられることで、切れ毛、抜け毛、薄毛のほか、白髪の原因にもなるのです。

薄毛になる原因がわかったら、対策しなくちゃ!!でもどんな方法が良いの??

やみ子

女性の薄毛解消のための5つの対策とは

女性の薄毛解消の方法とは

女性の薄毛解消のための方法を5つご紹介します。

薄毛の前兆に気がついたら、取り組みやすいものからさっそく始めてみてください。

1.栄養バランスを整える

過度なダイエットなどは控え、栄養バランスの良い食事を心がけると、体中に十分の栄養素が行きわたり、栄養不足による薄毛に効果的です。

また、お腹の中の赤ちゃんを育てるために栄養が必要な妊婦さんや、母乳に栄養をたくさん使う授乳中など、普段よりも多くの栄養素が必要になるときにも、食事内容の見直しは効果的です。

女性ホルモンのエストロゲンと似た性質を持つ「大豆イソフラボン」や「エクオール」といった成分など、女性ホルモンを整える栄養素も摂取するとより効果的です。

薄毛と食事の関係については、こちらの記事も参考にしてください。

また、髪の毛の生成や健やかに保つ成分が配合されたサプリメントの使用もおすすめです。

お仕事や育児などで忙しく、なかなか自分の食事が見直せない方は、髪の毛の生成に必要な栄養素をサプリメントから摂取してみてはいかがでしょうか。

2.有酸素運動や頭皮マッサージで血行を改善する

血行不良が原因で髪に栄養が行き渡らない場合には、血行を良くすることが効果的です。

軽いジョギングや散歩などの運動をしたり、体を冷やさないようにしたり、便秘を解消したりすると、体の血行が良くなり髪の毛にも栄養が行き渡るようになります。

シャンプーの際に頭皮をマッサージすることでも、だいぶ改善されてくるはずです。

頭皮の血行改善にはこちらの記事も参考にしてください。

Dr.もえぎ

急に運動と言っても難しいですが、できることから始めていきましょう。

3.ヘアスタイルの変化や施術の頻度を減らす

髪に負担をかける、または同じヘアスタイルばかり繰り返しているなら、ヘアスタイルを見直してみるのもおすすめです。

理由があってどうしてもヘアスタイルを崩すことはできないというときには、休日だけでも髪を下ろして、頭皮をリラックスさせてみましょう。

また、カラーやパーマの頻度を減らすのも、頭皮を休ませるのに効果的です。

4.女性用の薄毛対策シャンプーを使用する

上記の対策をした上で、さらに女性用の薄毛対策シャンプーを使用すると、より効果的な薄毛対策ができます。

女性の薄毛対策シャンプーには、髪の艶やハリのアップ、ボリュームアップなどの働きのある成分が含まれているので、美しい髪の毛を手に入れることにも繋がります。

前兆に気がついたらすぐに使い始めると一層効果が望めるので、今までのシャンプーを見直してみてはいかがでしょうか。

正しいシャンプーの洗い方やトリートメントについてなどは、こちらの記事も参考にしてください。

ベルタシャンプー&コンディショナーを買った私のリアル口コミベルタシャンプー20代から頭皮をすっきりケア!私の体験談を生口コミ!

5.早めに育毛剤を使う

女性用育毛剤には色々な成分や効能を持つものがあるので、自分の薄毛の症状や体質に合わせた育毛剤を選ぶとより効果的といえます。

シャンプーを変えたら、一緒に育毛剤も使うことをおすすめします。

早めの対策で抜け毛予防と薄毛対策、両方の効果が一層高まりますよ。

6.生活習慣を見直す

毎日の習慣になってしまっていることで、見直したい生活習慣はこちらです。

  1. 睡眠時間をしっかりとって、睡眠不足を解消する
  2. お酒やタバコは控える
  3. ストレス解消を心がける
  4. 暴飲暴食や脂っこい食事を控える
  5. 日焼け防止に帽子をかぶったり、飲む日焼け止めサプリメントなどを利用する

忙しくてなかなか改善できないんですけど、その場合はどうしたら良いですか??

やみ子

Dr.もえぎ

できることから少しづつでもいいでしょう。あとはサプリメントや育毛シャンプー、育毛剤などを併用して助けてもらいましょう!

早めの育毛剤の使用で予防効果がアップ!

頭皮マッサージや生活習慣の改善などで体の中から改善していく方法もおすすめですが、早く効果が期待できる育毛剤を使用するという方法もあります。

現在では、女性用の育毛剤は市場に多く出回っていますが、効果が確認されている育毛剤はまだほんの一部といえます。

育毛剤選びのポイントは育毛有効成分がしっかりと含まれていること。これらの有効成分が多く含まれるほど、効果も期待できます。

その中でも、ハリモア、マイナチュレ、ベルタ育毛剤、ルルシアなどは利用者の口コミも非常に多く効果的な育毛剤として知られています。薄毛の前兆を感じ取った方にはおすすめですよ。